損害保険

 
HOME>医師賠償責任保険
 
ご加入された医師の皆様方が、日本国内で行った医療業務によって患者の身体に障害が生じたことについて、法律上の賠償責任を負担する場合で、その障害が保険期間中に発見されたものが対象となります。 「発見」とは、次のことをいいます。
(1) 被保険者が事故を最初に認識したとき(認識し得たときを含みます。)
(2) 被保険者に対して損害賠償請求が提起されたとき
        (提起されるおそれがあると被保険者が認識したときまたは認識し得たときを含みます。)のいずれか早い時点
その他、加入された医師が次のような事故で責任を問われた場合においても対象になります。
(1) 加入された医師の直接指揮監督下にある看護師等による事故
(2) 常勤の病院のみならず出張診療等における医療事故 等
※但し、いかなる場合も国または病院の責任を肩代わりしてお支払いするものではありません。
次のような場合、損害賠償金や諸費用をお支払いします。
(1)損害賠償金 裁判所の(確定)判決によるもののみならず、裁判和解・調停成立 時の和解金、示談成立時の示談金等
(2)争訟費用、訴訟費用、弁護士費用、仲裁・和解・調停に要する費用等
(3)緊急措置費用、事故が発生し、被保険者が損害の防止軽減のために必要な手段を講じた後に賠償責任がないことが判明した場合
        において、応急手当、護送等に要した費用等
(4)損害防止軽減費用 事故が発生した場合において、被保険者が他人に対する求償権の保全・行使等、損害の防止・軽減のために
        支出した必要・有益な費用
(5)協力費用 引受保険会社が被保険者に代わって損害賠償請求の解決に当たるために被保険者に協力を求めた場合において、
        被保険者が引受保険会社に協力するために支出した通信費、交通費等の費用
※ 注意1) ご契約者にかわって保険会社は、示談交渉は行いません。
※ 注意2) 保険会社との相談なしに勝手に示談交渉を行うと保険金が支払われないことがあります。
※ 注意3) 損害賠償金、争訟費用は支出前に引受保険会社の同意が必要となりますのでご注意ください。
次のような場合には保険金をお支払いできませんのでご注意ください。
(1) 日本国外で行われた医療行為
(2) 保険契約者、被保険者が故意に起こした事故
(3) 美容を唯一の目的とする医療行為
(4) 医療の結果を保証することによって加重された賠償責任
(5) 名誉毀損または秘密漏洩に起因して生じた事故
(6) 戦争等および地震・噴火・洪水・津波または高潮による事故
(7) 医師、薬剤師、看護師その他の使用人が仕事中に被った身体障害
(8) 被保険者と同居する親族に対する賠償責任
(9) 自動車(原付等を含む)等の所有、使用若しくは管理に起因して生じた事故
(10) 所定の免許を有しない者の医療行為によって生じた事故
・・・など

医師賠償責任保険 によっては、免責金額(自己負担額)が設定さ れている場合があ ります。この免責金額(自己負担額)についても、別途医師賠償責任保険にご加入頂く事が出来ますので、この機会に免責金額のご確認をお勧めします。

※当ページのご説明内容は医師賠償責任保険の概要についてご紹介したものです。
ご契約にあたっては、必ず「パンフレット」「保険約款」をよくお読みください。
ご不明な点がありましたら、代理店または引受保険会社までお問合せください。
Copyright(c) Medical Concierge Co.,Ltd. All Rights Reserved.